プロジェクター

どのようなプロジェクターがいい?

あなたは映画鑑賞にどのようなプロジェクターを求めているのでしょうか。しっかりあらかじめリサーチしておきましょう。

映画好きならとにかく「プロジェクターが何か」しっかり心得て購入しましょう。

プロジェクターレンタルはAZA

リーズナブルなプロジェクター

プロジェクターにそれほどお金をかけることができないという人たちには、こんなプロジェクターがおすすめです。

とにかく安いプロジェクターを購入してもいい思いをしましょう。

リーズナブルでも、拘りは捨ててはならないでしょう。

リーズナブルプロジェクターは何が違う?

そもそもリーズナブルプロジェクターは何が違うというのでしょうか。リーズナブルなプロジェクターに採用されているのは、DLP方式というものです。

DLP方式は、単式がほとんどメインなのでレインボーノイズと呼ばれる虹色の残像が気になってしまうことがあります。リーズナブルではないプロジェクターは、光の三原色それぞれに対しDLPフィルターの設置という配慮もあり、残像感か全く残らないでしょう。

ただし、リーズナブルでないプロジェクターは、価格が100万円程度してしまうことになります。

果たして、あなたは光の三原色それぞれに対してのDLPフィルターのため頑張ってその程度のお金を出すことができるでしょうか。大きなプロジェクターの選択肢と課題です。

しかしおおかたの人たちはやっぱり最終的には、リーズナブル価格のプロジェクターでいいという判断をしてしまうことになるのではないでしょうか。

ただしリーズナブル価格でも、残像感の両方を解決する方法として、3LCD方式を採用しているプロジェクターメーカーもありますので、そのような業者を注目してみましょう。 

数万円で購入可能なプロジェクターなら、 DLP方式よりも3LCD方式というのがいいでしょう。

解像度は抑えめ

高級プロジェクターを購入すれば、4K画質に対応していたりフルHD以上の解像度に対して充分答えてくれているでしょう。

しかし、リーズナブルプロジェクターではなかなかそこまで満たすことができません。やっぱりリーズナブル価格なので犠牲にしなければならないことがあるでしょう。