すぐそこの未来にある自動運転・autonomouscarの自動車

私達は未来に、自動運転・autonomouscarを求めています。もう確実に自動運転・autonomouscarの世界は来るでしょう。

そのとき、私達の未来はどう変わるのでしょうか。具体的に、そろそろ見えるものもあるかもしれません。

運転免許を取るなら

自動運転・autonomouscarの未来

ステアリング操作を行う追従型クルーズコントロール、また自動駐車システムを搭載している自動車が既に登場して来ている以上、完全自動運転・autonomouscarの世界は具体的に見えるものもあるでしょう。

でも、具体的という言い方をすれば、私達の自動運転・autonomouscarの未来像は、あまりにも漠然としたものかもしれません。

ただし誰もが漠然……という訳にもそろそろいかないでしょう。

煮詰める必要がある人たちは、煮詰めているはずです。

自動運転・autonomouscarの世界は、インターネットとつながりを持つことになるのではないでしょうか。インターネットの技術によって、自動運転・autonomouscarに、移動の自由性がもたらされることになります。

政府は、2020年東京オリンピックにおいて、無人自動運転・autonomouscarを実現するというのが、目標のようです。それは、既に達成出来るほどの自動運転・autonomouscarのレベルです。

ただし、まだまだ、自動運転・autonomouscarは都市交通ゆりかもめのようなものであり、都市交通ゆりかもめまでは実現することができても、 誰かが離れたところから監視しているシステムは必要になって来るでしょう。

都市交通ゆりかもめと変わらない

自動運転・autonomouscarの世界が実現しても、結局は、都市交通ゆりかもめの域をまだ超えるものではないということを推測することができます。

オリンピックでは、自動運転・autonomouscarが実現し、管制室から監視された無人のバスが運行されることを予測することができます。

ただし、そのような自動運転・autonomouscarの技術であっても、充分、世界の人たちに日本の自動運転・autonomouscarの技術をアピールすることができるでしょう。

また、そこで、普通の自動車が、自動運転・autonomouscarの自動車と一緒に走行しているのかと言えば、そこにもまだわからない部分もあります。他の自動車が入ってくると、まだまだ自動運転・autonomouscarの技術は、それには伴うことが出来ない可能性はあり、他の自動車は入って来ないような環境で、自動運転・autonomouscarは走行させることになるかもしれません。

この程度のものであれば、自動運転・autonomouscarは、かなり現実的という思いも多くの人たちがしているのではないでしょうか。

また、無人の自動運転・autonomouscarということではなく、 普通の自動車で、自動運転・autonomouscar可能なものはいよいよ販売されることでしょう。

まだまだ完全自動運転・autonomouscarの世界は難しいとしても、そのような自動車を購入すれば未来を先取りすることができます。